学業の合間に風俗でしっかりと稼ぐ

仕送りがストップし、風俗で生活費と学費を稼がなければならなくなりました

今年に入って、両親からの仕送りがストップしてしまいました。
ちなみにその理由は、全て私にあります。
大学は留年し、遊び倒している有様、心配になった両親が独り暮らしの我が家を訪れた時も、夜遅くまで待たせた挙げ句、お酒でベロベロになった醜態を見せてしまったのです。
仕送りを止められた当然、そう思いつつも、当面の生活費、更には意地でも大学を卒業しなければという思いが湧いてきました。
そして私は生活費のため、学費のために風俗の仕事をスタートさせました。

学業と仕事を両立させるために選んだ風俗のお仕事

学業をしっかりと行いながら働くとなると、効率の良い仕事を探すほかありません。
更にまったく遊ばないというわけにもいきませんから、適度な自由時間も必要となってきます。
そうなると、選択肢は風俗しかありませんでした。
名古屋の大学に通っていたので、このエリアの求人をチェックしてみたのですが、私のような業界未経験者を積極的に募っているお店がたくさん見つかりました。
しかしサービス内容は色々とあって、給料だけで判断してはいけないと思いました。
そこでデリヘルやオナクラ、エステにイメクラといった風俗未経験者を募っている各サービスに、一通り面接の手配をしてみることにしたのです。

お客様のオナニーを見ているだけでお金が稼げるなんて

面接を担当された方は、どのお店でもとても丁寧な対応でした。
そして私が最も気にしている所の、お仕事の内容についても、かなり詳しい部分まで説明してくださいました。
そこで、ようやくサービスごとに仕事内容の微妙な違いを把握することができて、現実的に務められそうなお店を選ぶことができました。
ちなみに、裸になるのは無理だと判断した私は、名古屋のオナクラで働くことに決めました。
鼻息を荒くして股間をシコシコしているお客さんとの二人きりの空間は、慣れれば大したことありません。
そしてお客さんもマナーをしっかり守ってくれる方ばかりで、お触り禁止をちゃんと守り、ルールの範囲内でオナニーのお手伝いをお願いしてきます。
ソフトな部類のサービスであるオナクラですが、収入は結構良いと思います。
少なくとも私が働ける命一杯の時間で、目標金額を稼ぐことができますから、かなり満足しています。